Menu

通学免許と合宿免許の違いや強みを解説!

通学免許の特徴

通学免許は教習所などに通学しながら免許を取る方法です。基本的にある程度自由に授業を受けるスケジュールを決めることが出来るため、仕事や学業と並行しながら取得する場合に選ばれやすい方法です。免許取得のためには必要な教習時間が座学と実技でそれぞれ決められており、まずはその時間分の受講をクリアする必要があります。座学になる学科は第1段階で10時間、第2段階で16時間の合計26時間、実技となる技能では第1段階12~15時間、第2段階19時間ほどが必要です。

またこの教習は1日に受けられる時間に上限が定められているので、2~3日で一気に消化することはできません。第1段階は2時間、第2段階は3時間と決められているのでどんなに早くともおよそ半月はかかる計算となります。しかし技能や知識がすでに備わっているのなら比較的早く取得することが可能なので、敷地内での運転経験や知識などがある場合には通学免許の方が良いケースもあります。

このように自由なスケジュールや、場合によっては短期間での取得も可能な通学免許ですがデメリットも存在します。それは実技となる技能教習の予約が取りにくい事です。学生の長期休みや受験直後などは、免許を取りに来る学生が詰めかけるため教習所の繁忙期になります。この時は実技に使う場所の予約が非常に埋まりやすく、思ったとおりに予約が取れない事も多くなります。閑散期であれば困ることもありませんが、夏休みなどにやろうと思うとスケジュールと噛み合わない事も増えるでしょう。またスケジュールが自由な反面、自分でしっかり勉強計画を立てなければいつまでも免許の取得がうまくいかないので、率先して取り組む行動力が求められます。

合宿免許の特徴

合宿免許は2週間ほどのまとまった期間合宿所に泊まり込んで集中的に座学、技能教習を受けて一気に免許を取得する方法です。朝の9時から夕方の7時ほどまでみっちりと座学、技能教習を行うのでハードですが、それだけ短期間で免許取得を済ませることが出来る短期集中的な方法です。座学教習のスケジュールや実技に使う車の予約などを教習所側がすべてやってくれるので自分で計画を立てる必要がないですし、プロの立てた教習スケジュールなので効率的で無駄なく学ぶことができます。

しかし集団学習という形になるので、自分のペースで学ぶことはできず、人によっては学習に付いていくのが大変になるかもしれません。また集団生活が苦手な場合はストレスもありますし、入学中は自宅に帰ることもできませんので、ペットを飼っている場合は友人や施設に一時的に預けておく必要もあります。しかし1日のスケジュールが決まっているので生活リズムは健康的なものとなるでしょう。また集団生活は普段にはない人と知り合う機会でもあり、教習所で友人が出来たという人も少なくないので、人付き合いが苦手な人にとっては良いリハビリになります。

通学免許と合宿免許は自分に合った方を選ぶのが吉

勉強のペースは自分で決めたい、仕事をやっていて纏まった時間が取れないという人は通学免許が良いでしょう。時間に余裕があり、面倒なことはあまり考えずとにかく授業に出ていれば取れる方が良いという場合は合宿免許が向いていると言えます。

 

 

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!