Menu

法事法要の服装

ここで、法事に行く人たちの服装に特化してマナーチェックをします。初七日の法要は、葬儀と同じ日に行なわれることが多くなり、服装に関して葬儀の時の喪服のままです。

【初七日、四十九日、初盆、一周忌の頃までの場合】

参列者の方々は、一周忌(初盆)の頃までの法事・法要に参列する際、略式礼服、喪服の着用です。

ネクタイ、靴下、靴はすべて黒で、ワイシャツは白です。スーツはシングル・ダブルのどっちでも大丈夫です。

ポケットチーフは入れない、または、真っ白いものを選択してください。

光るものはNGとされています。虫類のベルトなどもNGです。

女性の場合は一周忌(または初盆)の頃までの法事・法要は略式礼服、喪服を着用し、
黒の喪服(ワンピース、スーツ、アンサンブル……)で、 ストッキングや靴、バッグは黒です。

夏であっても露出の多い服はNGです。夏も、生足は避けて、黒ストッキングをはくようにしてください。女性たちも、光るものはNGです。

子供たちは、学校指定の制服がある場合には制服を着用します。子供さんであってもあまりにもカジュアルな服装、派手な色彩はNGなので注意をしてください。そして親族以外の方々は、赤ちゃんは連れていかない方が無難です。

【法事(三回忌以降)】、

案内状で「平服でおこし下さい」といった記載を見つけることがありますが、それでもカジュアルすぎる服装はNGです。黒、グレー、濃紺のダークスーツを選択して、ネクタイは黒、ワイシャツは白いものを選択します。やはりここでも、派手な色の服装や光る時計やアクセサリーは避けるのが無難です。

女性の人たちは、グレー、紺などのダークスーツの着用が無難です。子供さんの場合は、地味な服装であれば制服以外でも大丈夫です。

【遺族の人たちの場合】

遺族の人たちは、初七日、四十九日、初盆、一周忌、三回忌までは、正礼装(または略礼服)の着用です。

七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌などがありますが、以降は喪服の着用でなくても構わないとされています。しかし地方や家柄、格式によっても違いがありますので、一度遺族で確認するようにしましょう。

男性の人たちは、ダークスーツや、黒ネクタイ、黒靴下、黒靴、白いワイシャツであり、女性の人たちは、グレー、紺などの地味なスーツや、ワンピース、黒ストッキング、黒靴というのが望ましいでしょう。子供さんの場合は、制服の着用や、地味な色あいの服装が望ましいです。