Menu

法事に贈る花

法事と向きあい、どのようなお花を贈ればいいか迷っている人たちもかなり多くいらっしゃることでしょう。

人を集めてとり行われる法事では故人を偲ぶお花を用意します。

【お花を贈る時注意しなければならないこと】

仏式の場合、初七日の法要では、ほとんど葬儀と同日に行なわれる例が多くなりました。ですから、お花を贈るのなら、 三十五日か四十九日のどちらかを意識するといいでしょう。

この場合のお花は、枕花程度の大げさにならないものです。枕花とは、血縁の深い人たちや、故人と特にゆかりの深い人たち、故人と特に親しかった人たちが亡くなってすぐに枕元に飾る花です。故人と遺族の気持ちに寄り添う花として贈るものです。

四十九日までは白いお花でまとめるのが一般的マナーとされています。それ以降という場合では、 淡い色合い程度のお花が入って来ても問題はありません。
【キリスト教の場合では】

キリスト教の場合、追悼ミサや追悼会・記念会は教会で行われることになりますが、お花は自宅への届けるのが一般的です。命日または追悼ミサや記念祭の前日の午後に届くように配慮してあげてください。

お花は洋花で淡い色合いのものを選択します。

【【お供え用】アレンジメント「ソブリオ」】

【お供え用】アレンジメント「ソブリオ」は、清らかな色合いのメモリアルアレンジメントです。商品価格:5,400円(本体価格:5,000円)送料:1080円。

洋の花を中心としてまとめたデザインが、安らぎの空間を演出してくれることでしょう。

【【お供え用】アレンジメント「星羅(せいら)」】

【お供え用】アレンジメント「星羅(せいら)」は、 穏やかな色調の花々があしらわれたメモリアルアレンジメントです。商品価格:10,800円(本体価格:10,000円)送料:1080円。

シンビジウムやリシアンサスなど、清らかで穏やかな色調の花々が、きっといい一日を演出してくれることでしょう。

【【お供え用】ミディ胡蝶蘭(ホワイト)5本立ち】

【お供え用】ミディ胡蝶蘭(ホワイト)5本立ちというのはいかがでしょうか。商品価格:21,600円(本体価格:20,000円)送料:1080円。

通常の胡蝶蘭をコンパクトサイズに仕立てた白の胡蝶蘭です。ちょっとだけ豪華な感じも演出してくれているでしょう。それでいて、気品のある花弁と落ち着いたラッピングが特徴的です。

まさに、質素でもあり、故人のような存在感をありありと演出してくれます。生前仲良くしてくれた故人だから、この程度のお花を贈りたいものです。

http://www.hibiyakadan.com/product.html?pskunumber=TA1263&categorycd=0000-0165-0040

http://hibiyakadn.hs.llnwd.net/e1/ito/0000000/0000000420/ma/550_550/6498TA1263.jpg

http://www.hibiyakadan.com/product.html?pskunumber=TA2550&categorycd=0000-0165-0040

http://hibiyakadn.hs.llnwd.net/e1/ito/0000015/0000015831/ma/550_550/6598TA2550.jpg

http://www.hibiyakadan.com/product.html?pskunumber=TR2478&categorycd=0000-0165-0040

http://hibiyakadn.hs.llnwd.net/e1/ito/0000000/0000000138/ma/550_550/6298TR2478.jpg