Menu

合宿免許で持っていくと便利な持ち物は?

合宿免許に持っていくと役にたつ持ち物

合宿免許では、教習所から教習に必要な筆記用具や、宿泊施設で必要な洗面用具などの持ち物の指示があります。それ以外にも持っていくと便利な持ち物があります。合宿免許の期間は約2週間です。海外旅行や長期の国内旅行の際に持っていって重宝したものは、合宿免許においても個々の必須アイテムといえるでしょう。また合宿免許ならではのオススメの持ち物もあります。

合宿中は自宅とは違う環境で約2週間を過ごすことになります。自宅とは食事の内容や睡眠の環境がかわります。このような生活パターンの変化によりお肌やお腹の調子を崩す人がでてきます。ビタミンB群やビタミンCなどのサプリメント、整腸剤などがあると安心です。サプリメントは錠剤やカプセルタイプになっているものの方が扱いが楽でしょう。即効性のあるドリンク剤も良いですが、瓶が割れることも考えられるので避けた方がベターです。スティックゼリータイプを何本か持っていくという方法もあります。

また普段から飲んでいる薬がある人は忘れずに持っていきましょう。合宿免許のエリアはシティではなく自然が豊かな地域で、ドラッグストアやコンビニまでは少し距離がある場合もあります。知らない街でドラッグストアを探すのは意外と大変です。例えば片頭痛持ちの人にとって頭痛薬は心のお守りとしても活躍します。普段から飲みなれたものを持っていた方が余計な心配をしなくてもすみます。
もちろん低用量ピルなど毎日飲まなくてはならない薬も忘れずに持っていきましょう。低用量ピルなどは処方箋がないと購入することができません。飲んでいる薬が合宿の途中で切れてしまわないよう、2週間分の在庫を確認することも忘れずに。

そして合宿免許では講義や技能講習の繰り返しで、運動不足になりがちです。教習所や宿泊施設の近くには公園や空き地があることも多く、軽く汗を流せるようなスポーツ用品があると心も体もリフレッシュできます。教習所で仲間がたくさんできると、近くのショッピングセンターにサッカーボールやバドミントンを買いに行くケースもあります。ひとまずはコンパクトサイズでつぶした状態で持ち運びができるビーチボールなどがあると盛り上がります。
また教習所ではどうしても空き時間ができてしまうことがあります。その時間の過ごし方はそれぞれで、交通ルールの勉強をしたり、トランプやウノをしたりする人もいます。2人、4人などとプレイする人数が決まっているカードゲームではなく、少人数でも大人数でも対応ができるカードゲームが役にたちます。

 

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!