Menu

お墓参りのお花のルール

お墓参りのお花はどのようなお花がいいのでしょうか。そのようなとき霊園のそばの石材店や花屋で供花を購入することが多いと思いますが、 出来れば適当なお花ではなく、生前亡くなった方々の愛したお花を供えるというのがいいのではないでしょうか。

お墓参りのお花のルールについて

冠婚葬祭のしきりの中である程度のお花のルールは存在していると考えてください。

お墓参りで時としてお花でなくてもいいのかもと考えるかもしれませんが、やはりここは冠婚葬祭なのでお線香とお花というルールがあります。

でもなんでお花なのでしょうか。それは土葬をしていたころの時代にさかのぼれば、動物が墓を荒らしてしまうことから守るため、当時毒性の強い樒(しきみ)を供えたと言います。

その傾向から段々とお花へとシフトしたのではないでしょうか。

更にお釈迦様が若い頃に修行していた時、ある仏様にお会いしたとき、仏様の供養に差し上げるものなかったからお花を供えたことからはじまったとも言われています。

そもそも切り花を飾ることによって、命のはかなさや大切さを知ることができるとも伝えられています。

いろいろ説がありますが、いずれにしろお花が一番無難な方法であることは現代社会の私達にも一目瞭然なことではないでしょうか。

お花とは、お墓参りをする人たちの心も穏やかにしてくれるものであることは間違いありません。

お墓参りにはどのようなお花を持っていけばいいのか

それでは次に、お墓参りには、どのようなお花を持っていけばいいのでしょうか。

実際には、多くの方々がお墓参りのお花の種類にはある一定のルールがあると思っていますが、そのようなルールがある訳ではありません。

しかし、お墓の前に供えるお花は、長持ちするものがよく、枯れてしまっても散乱しないお花がベストです。そのような意味では菊ということになるのかもしれません。

菊のお花なら、夏でも冬でもほとんどオールシーズンで購入することが出来、高貴なイメージもあるので、結構お墓参りに相応しいのではないでしょうか。

ただし、菊だけがお墓参りに相応しいお花ではありませんので、カーネーション、アイリス・キンセンカ・キンギョソウ・りんどう・グラジオラス・ケイトウなどでも問題はありません。

カーネーションといえば、母の日のプレゼントとして注目されているお花ですが、お墓参りでもカーネーションはOKです。

もともと、母の日のプレゼントとしてのカーネーションは、亡くなったお母さんにお供えするお花だったようです。カーネーションは白いカーネーションです。