Menu

法事とは

法事って漠然としていて、頻繁に言葉は使用されるものの、どのような意味なのか明確に理解している人たちも少ないのではないでしょうか。実際にいつも私達は、法事という行事をおこなっている訳ではありません。

法事は、故人の冥福を祈るための一連の行事全体を指す言葉です。法事の種類は、多く年を取るほど、それだけ数多く法事と向きあうことになってしまうでしょう。

【法事とは何か】

読経などを行う「法要」と、そして、あとにおこなわれる会食であるお斎を含めて、「法事」という言い方をします。

それは、故人の魂が極楽浄土に行けるように祈るための意味が込められ、故人を偲ぶための機会です。

【1年目の法事】

私達は、一年を通し、いろいろな法事と向きあうことになります。四十九日間を「中陰」と言います。その間には、閻魔大王による裁きが七日ごとに行われることになり、故人が極楽浄土に行けるか否か決定します。

最後の判定が下される四十九日目が「忌明け」です。(地域によって、三十五日が忌明けというところもあります)

本来、私達は、七日ごとの裁きに合わせてお祈りをしなければならないのですが、現在では、省略されるケースも多くなって来ました。

最初の初七日法要は、 本来は亡くなってから七日後に行うべきものですが、葬儀と同日に、多くの人たちが集まっている機会におこなわれるケースが増えて来ました。

極楽浄土に行けるか決まる四十九日の法要は、基本、 遺族、親族、友だちや知人も列席し、 お坊さんによる読経が行われて、全員で焼香やお斎を行います。位牌に魂を入れる、お墓に納骨することも、ここでおこなったりするために、重要な法事として位置づけることができます。

故人の命日から100日目に行う法要を100日法要という言い方をします。それは、遺族の方々が、悲しみに泣きくれることをやめる日とされています。まだまだ悲しみも尽きることはありませんが、そろそろ、再び、自分自身の生活もまともに送るため頑張る時ではないでしょうか。

【四十九日を過ぎて、初めてのお盆】

そして、四十九日を過ぎ、初めてのお盆は、初盆です。お盆の法要には、遺族や、故人と親しい方々を招待し、僧侶を呼んで読経をしてもらうケースが多いです。 2年目以降のお盆にも供養をおこなうことをしますが、段々と、法事に参列する人も少なめになって行く傾向があります。

【年忌法要】

一周忌というものがあり、親族のほか友だち・知人も呼んで行いますが、 三回忌(丸2年後)、そして七回忌(丸6年後)までは、重要視しておこなわれるのが一般的ですが、段々と親族のみとなるケースが多いです。

十三回忌(丸12年後)、十七回忌(丸16年後)、二十三回忌(丸22年後)、そして二十七回忌(丸26年後)や、三十三回忌(丸32年後)があり、 三十三回忌を年忌止めといって、年忌法要(年忌供養)をうち切ることが多いようです。地域によっては、 五十回忌を営んで年忌止めにする場合もあります。